パッチワークのような塗り分けがとっても心地いい!『主婦病』表紙イラストレーション|装画=星野ちいこ

◆出版=新潮文庫
◆著=森美樹
◆装画=星野ちいこ

『主婦病』表紙イラストレーションの感想

星野ちいこさんの描く「人物」、本当にすてきです。
主婦と思しき人物が、しなやかに世を生きる様をその表情に込めて描かれています。
力まない表情でそんな人生観まで表現できる思い切りのよさ。学びたい、真似びたい。

星野ちいこさんと言えば、塗り方が特徴的ですね。

画材はアクリル絵の具なんだろうか。水分を多めに含んだ、透明感のある塗り方です。でもムラになっていないところに、技術を感じます。

モチーフを細かく面で分けて捉えて、面ごとにグラデーションをつけずに塗るやり方。パッチワークという言い方が正しいかは自信がないのですが、面のつなぎあわせのような塗り方が大変心地よいということには、多くの人に同意してもらえると思います。面と面の間に現れる白いスキマも、おもしろいですね。

眺めていられる絵。うらやましいです。

主婦病 (新潮文庫)

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です